制作日誌 2006年12月16日

制作日誌
自主制作の手描きアニメーション他、作品制作に関するblog。

スポンサーサイト
--.--.-- (--) -- : --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像後半
2006.12.16 (Sat) 02 : 33
続きです。クリックでちょい大画像。





ハンケチがてふてふに。






てふてふがおリボンに。




指をすり抜けて行った風船。見上げ。




走って行っちゃう女の子。




踏切待ち。




風船が飛んで行く空。
スポンサーサイト
画像前半
2006.12.16 (Sat) 02 : 21
画像を抜粋。始まりから回想まで。
色付きが少なくてイメージが分かりにくいですが…
同じくクリックでわりと大きな画像に。



ハンカチをもって追いかけるとこ。




電車から外を見てるとこ。




女の子の後ろ姿。




木が見えてきたとこ。




木にたどり着いたとこ。




ハンカチを開くと中に鍵が。






時計草のオブジェ。




写真が飛び出してくる。
あらすじ
2006.12.16 (Sat) 01 : 51
卒制 タイトル『未定』
ストーリーというストーリーはないので、文字で説明すると意味不明ですが…
想像力を働かせてお読み下さい。
髪の長い、制服姿の女の子が主人公です。
サムネイルクリックすると、もちっと大きい画像が見れます。



主人公が電車に乗っていると、小さな女の子が乗り込んでくる。
その子が降りる時に座席にハンカチを落としていったので、それを拾って追いかけようとすると…



電車の外は駅ではなく、来たことのない野原だった。
ハンカチを渡そうと女の子を追いかけていくが、不思議となかなか追いつけない。



どんどん追いかけていくと、その先に一本の木があった。
その木の根元には穴があいていて、よくよく見てみると箱がひとつ入っていた。
箱には鍵がかかっていて、開けることは出来ない。しかし、ふと拾ったハンカチに目をやる…
すると、ハンカチの中に一本の鍵がくるまれていた。



鍵をあけると、箱は二重の蓋のオルゴールで、一段目は時計草のオブジェがあしらわれている。
二枚目の蓋が開くと、そこには写真がぎっしりつまっていた。
箱の中から、写真が舞うように飛び出してきて、主人公は自分の思い出の中の世界に意識を巡らせる。

~~~~~~~(主人公の回想シーン)~~~~~~~
           ※未だ制作中です※

思い出の世界から戻ってくると、自分が追いかけてきた女の子はすぐ後ろに立っていた。
女の子にハンカチを渡そうとすると、ハンカチは一匹の蝶へと姿を変えて女の子の方へ飛んでいく。女の子の帽子の上に止まった思った瞬間、蝶は帽子のリボンへと変身する。



お礼に、ということなのか、女の子に風船を渡されるが、手の間をすり抜けて飛んでいってしまう。
すると大きな風がひと吹き、野原の草の綿毛を吹き飛ばし、舞い上げる。
女の子は急に身を翻し、走って行ってしまう。主人公は手を伸ばすが、女の子はどんどんと遠ざかっていく…

       ~~~~~~~暗転~~~~~~~
気がつくと主人公は、駅のホームに立っていた。



帰り道、踏切で電車が過ぎるのを待っていると、踏切の向こう側の道にさっき会った女の子が立っている。
主人公は気付くが、次の瞬間電車が通り過ぎて行く。
電車が過ぎ去ったあと、向こう側にはだれもいない。
ふと空を見上げると、風船ひとつ飛んで行った……

FC2Ad


powered by FC2 / temp by plain9

PROFILE

愛友/鮎(ayu)

夢をテーマに映像作ったり絵を描いたり。現在、アニメーション制作はお休み中。
(映像は動画サイト等でご覧いただけます)
創作マンガ描いています。

CATEGORY

LINK

ETC

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。