制作日誌 夢使いと獏(2007年制作)

制作日誌
自主制作の手描きアニメーション他、作品制作に関するblog。

スポンサーサイト
--.--.-- (--) -- : --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢使いと獏 あらすじその4
2007.09.14 (Fri) 16 : 31




変な洞窟に着いてしまう。※一応怪物のお腹の中という設定です。
すると、何か光っている場所がある。





光の中には、病院のベッドで眠っているひとが…
近づいてよく見てみると…



中身は黒モヤだった!
夢使いと獏 あらすじその3
2007.09.14 (Fri) 16 : 25
※このあたりから展開がカオスですが、夢というものはカオスであるという認識の元で考えています。



そのまま落ちて行くと、暗い空間にいる自分にスポットライトのようなものが当たる。
※まだ加工してませんが、この絵にサーカスみたいな雰囲気のライトを当てる予定です。



自分が大きな猿に観られている…


と思うと、自分は猿になって行く
※まだ制作中ですが、この瞬間に自分を見つめていた猿は人間の子供に変わります(姿、存在が入れ替わる)。



また落下して、雲を突き破る。猿部分は皮になってはがれる。


すると、下の方に大きな口があって食べられます。
夢使いと獏 あらすじその2
2007.09.14 (Fri) 16 : 14


女の子がもっているすずらんのカタチのランプです。
カタチに特に意味はないです。変わったカタチのランプ(現実ぽくない)という程度です。






雲の道を歩いていると、黒モヤとすれちがう。





すると、雲の地面に穴が開いて、夢の狭間に落ちてしまう。
夢使いと獏 あらすじその1
2007.09.14 (Fri) 16 : 08


普段女の子と獏が住んでいる家です。





身支度をして





出かけて行きます。
夢使いと獏 設定など
2007.09.14 (Fri) 15 : 59
登場人物と設定

○少女
主人公は頭巾の女の子です。
この子は、夢の世界に住んでいて、獏と一緒にいろいろな人の夢を渡り歩いているという設定です。
○獏 
 白くて、足にしまのある変な生き物です。
 悪夢を見た時に『獏~』と呼ぶと、紫の煙が湧いて悪夢を食べてくれると言う良い妖怪。基本的に一般的に知られている空想上の生き物を下敷きにしてます。
 wikipediaも参考にしてるので、良かったら読んでみて下さい。※メインページで『獏』と入力して下さい。
  >クリックでwikipediaが別窓で開きます。< 
 以下、二重カッコの部分はwikipedeiaからの引用です。
 デザインは、わりとキモ可愛い感じにしたかったので、『体は熊、鼻は象、目は犀、尾は牛、脚は虎にそれぞれ似ているとされるが、その昔に神が動物を創造した際に、余った半端物を用いて獏を創造したため』という設定から、足に虎のシマシマをつけて、あとは実際の動物のバクを参考してます。
 動物のバクも、この妖怪のバクに似てるということが名前の由来らしいです。

○黒モヤ
 人間の持っている「悪夢」のかたまり。
 ↓この辺りを参考に考えました。
 『善良な獏は悪夢を喰い人を助けるが、悪質な獏は夢ごと精神(または魂)を吸い取ってしまう。 よって、人間の精神崩壊は獏の仕業とも言われているが、 悪質な獏は実は漠ではなく、夢半ばにして死んでいった霊たちが集まり、獏の姿となって 見えるだけ』
 コレは特に誰の悪夢という訳ではなくて、象徴的な存在です。

FC2Ad


powered by FC2 / temp by plain9

PROFILE

愛友/鮎(ayu)

夢をテーマに映像作ったり絵を描いたり。現在、アニメーション制作はお休み中。
(映像は動画サイト等でご覧いただけます)
創作マンガ描いています。

CATEGORY

LINK

ETC

SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。